THE ANTS The Antsとは
クラブチーム The Ants オフィシャルサイト

最近の記事

バックナンバー
【8月27日のプログラム】
[2016/08/27 22:00:52]

8月27日のプログラム
夏休み最後のプログラムは、過ごしやすい気候でのトレーニングとなりました。

プログラム体験に二人が参加してくれました。ありがとうございました!
二人とも保育園児ですが、新しい環境に怯むことなく、のびのびとラグビーを楽しんでくれたように思います。
また次回以降もお待ちしています!

〈プログラム体験のコメント〉
「楽しかった、また行きたい!」粟谷そうすけ(年少)

「ラグビーはやんちゃ坊主にピッタリなスポーツですね!
今回、初めての参加でしたが、コーチの皆さんがとても優しく迎え入れて下さったので、息子も楽しくラグビーをすることができたようです。ありがとうございました!」粟谷さん(保護者)

〈メンバーのコメント〉
「久しぶりに皆と会えて一緒に練習が出来て良かったです。輪っかにボールを入れたり、試合をしたのが楽しかったです。」木村たいち(年長)
→「今日たくさんの人数で、練習しましたね。
いろんな事が出来て、もっと楽しくなっていきますよ。
また、みんなでがんばりましょう。」岩田コーチ(Kids)

「タックルが、楽しかった!タックルをいっぱい練習したい!」小寺いちし(小1)
→「タックルの練習はみんな楽しく行ってたね。つぎのプログラムでもやっていこう!」金森コーチ(Kids)

「今日は体験の子が居てくれて、人数が多くて楽しかったです。」古川ちこ(小1)
→「人数が多いと楽しいですね。また体験の人が来てくれたら先輩としてわからない事教えてあげて下さいね。
」嶋田コーチ

「今日は4人で力を合わせてせめていく練習で、居る場所によって動きが違って、それが勉強になりました。
次の試合で、みんなと生かしていけるようにしたいです。」古川せんのすけ(小3)
→「暑い中お疲れ様でした。試合の中では一人で攻めたり、守ったりするのってすごくしんどいですよね。
そんな時、せんちゃんの周りには仲間がいます。せんちゃんがチームを引っ張って行くくらいの気持ちで、みんなと力を合わせて試合に挑めば、今まで以上の良いチームになると思いますよ。
『みんなと力を合わせて』と思ってくれた事がすごくうれしいです。
次の試合、期待大です。」新名コーチ(Jr.)

「今日は、試合やからタックルの練習をたくさんしました。生身でタックルを受けてたえるという練習では、しっかりたえられたので良かったです。
次の試合に向けての目標はしっかりタックルに入れるように頑張ることです。
これからも、頑張りたいです。」古川ろこ(キャプテン・小6)
→「次の試合は合同チームで出場することになります。
普段、近江八幡、東近江のチームと合わせることができていませんので、難しいところもあると思いますが、場面々においての自分の仕事はわかるはずです。
しっかり自分の仕事ができるように来週の練習も頑張りましょう!」本村HC

「今日のタックル練習では、まだまだ手だけで相手を掴まえにいっていました。体ごと相手を掴まえにいって、しっかり守れるようになって、少しでもチームの力になれるようになりたいです。」新名あやね(小6)
→「タックルはとにかく相手を体の芯でとらえる感覚を身に付けることが大切です。
手でつかまえに行くのではなく、
‐し腰を落として胸を張り足の力が伝わりやすい姿勢から胸でしっかりとヒットする
▲劵奪箸靴神いで相手の体(足)にしっかり手を回す(パックする)
G愎びする意識で足をしっかり前に進める
この一連の動きが出きれば、きれいなタックルができます。
まずは軽くでいいので、左右の両胸上部で当たる練習を繰り返すと、感覚が身に付くと思います。
いいタックルが決まると試合の流れが一気に変わります。そんなタックルを身に付けられるよう、頑張って練習しようね!」伊東コーチ(Youth&BGs)

〈コーチのコメント〉
「少し暑さも和らいだので動きやすかったですね。プレーはどんどん上達してるんですがまだまだ声が出てないように思います。来週は試合も有るのでもっと声を出して元気よくいきましょう!」嶋田コーチ



今回の写真もGoogleフォトにアップされています。
良い写真がたくさんあります。是非、ご覧ください。
ご利用は、皆さんの良識にお任せしています。よろしくお願いします。
ログイン方法が分からない方は、ご連絡ください。
【8月21日「光泉高校ラグビークリニック」】
[2016/08/22 20:41:21]

8月21日「光泉高校ラグビークリニック」
光泉高校ラグビー部主催のクリニックに参加しました。
薬師寺先生と辻井先生のご指導の下、ラグビー部の皆さんが一緒になってプレイして下さいました。
学年別に分かれての展開で、楽しくもためになる内容で、参加したメンバーは大満足でした。

〈メンバーのコメント〉
「高校生のお兄さん達にタックルやパスを教えてもらいました。タックルはスピードを意識してやってみようと教えてもらい、強くタックルができたよと誉めてもらえました。
パスではパスをした後、『前にならえ』をするようにパスをする相手の方に手を出そうと教えてもらいました。
これからのアンツの練習でもこの事を忘れずに頑張りたいです。」新名あやね(小6)

「光泉高校の人たちにたくさんのことを教えてもらいました。今回教えてもらったことを今後いかせるよう頑張り
たいです。」古川ろこ(キャプテン・小6)

光泉高校ラグビー部の皆さんの子供達に接する姿勢は、とても好感の持てるものでした。こういうところにも滋賀県のチャンピオンチームとしての風格を感じました。

光泉高校ラグビー部の皆さん、ありがとうございました。
また次回もお願いします。
【8月20日「Challenge2024」】
[2016/08/22 20:32:34]

8月20日「Challenge2024」
滋賀県協会主催の国体強化事業「Challenge 2024」の練習会に参加しました。

「少年の部」は、堺祐介さん(滋賀学園)、奥村亮さん(膳所高校)が指導してくださいました。トレーニングの指導は、松下大輔さん(あそうクリニック)が指導してくださいました。
今回は参加者が少なかったので、細かなスキルや考え方を丁寧に指導してもらいました。ゲームに近いスキル練習が多かったので、最後のゲーム形式では、積極的にチャレンジしていました。

「女子の部」は、小堀文雄さん(BREEZE)、大本亜美さん(BREEZE)です。トレーニングの指導は、松下大輔さん(あそうクリニック)です。
今回は、参加者が少な目だったので、個人スキルを丁寧に指導しました。トレーニング終盤には、上達を感じる程でした。

「Challenge 2024」は、2024年開催予定の二回目の「びわ湖国体」に向け、滋賀県ラグビーフットボール協会が2015年より運営されています。
将来、滋賀県代表として活躍して欲しいです!


今回の写真もGoogleフォトにアップされています。
良い写真がたくさんあります。是非、ご覧ください。
ご利用は、皆さんの良識にお任せしています。よろしくお願いします。
ログイン方法が分からない方は、ご連絡ください。
【8月6日のプログラム】
[2016/08/06 23:30:43]

8月6日のプログラム
ここ数日来の猛暑が今日も続き、炎天下でのプログラムでしたが、皆元気にトレーニング出来ました。
水分補給の回数を多めにしたこともあり、体調を崩す事なくプログラムを行うことが出来ました。

〈メンバーのコメント〉
「たっちふっとで、こーちちむだったから、いっぱいたっちができました。」古川ちこ(小1)
→「暑い中、よく頑張ってましたね。二人でのれんしゅうも、よく考えて相談してうまくトライまでしてました。タッチフットも、よく走ってトライを防ぐタッチもしてました。この調子でいっぱい練習しましょう!」西山コーチ(Kids)

「起きてからの当たりの練習が難しかったです。もっとうまくなりたいです。」西山えいき(小3)
→「いかに早く起きるか、ボールから目を離さないように、試合をイメージして練習をするようにすれば、必ず上手くなると思います。あと体力作りもしてください。」河合コーチ(Jr.)

「タックルの練習をして、タックルをしたけどうまくタックルに入れなくて、コーチが直すと良いところを聞いて直してみるとうまくいったけど、試合では低く入ってしまいうまくいきませんでした。なので、次からはいろんな人の真似をして上手に入りたいです。」古川せんのすけ(小3)
→「」松田コーチ(Youth&BGs)

「今日は、途中で一度終わったけど、最後の試合で走ったけどずっとつなぐことができなかったので少し残念でした。そして二人でタックルする時に上に行く人がしっかり強く、倒さないといけないと思いました。これかも頑張りたいです。」古川ろこ(キャプテン・小6)
→「つなごうと思っていても味方がつないでもらおうと思っていない。また反対に、つないでもらおうと思っていても味方のボールキャリアがつなごうと思っていない。このどちらもつなぐことはできませんね。
ミスをミスで終わらせないようにしましょう。味方にしっかりサポートに来て欲しい。しっかりつなぐ意識を持って欲しいと伝えて下さい。
前キャプテンを思い出して下さい。ゲーム中、彼はずっと喋ってましたよね。
今のアンツは、中から声を掛け合うところが足りていません。頑張ってチームを引っ張って行って下さい!」本村HC

〈保護者のコメント〉
「練習に何とかついていけているみたいですが、みんなに迷惑がかかっていないか心配しています。
優しく接していただいてありがとうございます。」西山さん

今回は、雷で中断したため、写真がありません。