THE ANTS The Antsとは
クラブチーム The Ants オフィシャルサイト

最近の記事

バックナンバー
【7月25日のプログラム】
[2015/07/26 21:39:12]

7月25日のプログラム
今日のプログラムは、本格的な夏を感じる暑さの中でしたが、しっかりと水分補給をして、最後まで元気にトレーニングすることが出来ました。

プログラム後には、恒例となりましたBBQを行いました。
テントやテーブルの設置、食材の準備など保護者やコーチと共に協力して準備が出来ました。
お腹一杯食べた後は、みんなで広場へ繰り出して、汗だくになるまで遊んでいました。その後のかき氷タイムは、みんなとっても美味しそうに食べ、お代わりもして満足そうでした。

お手伝いいただいた保護者の方、ありがとうございました。

〈メンバーのコメント〉
「ラグビーのボールをクルクル回してキャッチする練習が面白いから、もっといっぱいしたい!楽しかった!」小寺いちし(年長)
←「練習に対して、積極的に取り組めていましたね。『あれやりたい』とお兄さん達の真似をしようと、ちゃんとお兄さん達の練習を見ることも出来ました。
年下のメンバーのことも気遣うことが出来ました。次回からもこの調子で頑張ろう!」上田コーチ(Kids)

「アタックとディフェンスの仕事がよくわかりました。
これから、練習をする時はしっかり覚えた事をいかしたいと思いました。
BBQでは、みんなで楽しくご飯を食べたり、遊んだりできたので楽しかったです。」古川ろこ(小5)
←「その意識が大切です。ディフェンスのとき、ロコの前の敵を止めるのはロコの仕事です。
ここで止めることが出来ないと、失点に繋がったり、他の仲間が自分の仕事を捨てて助けに行くことになってしまいます。次の練習でも頑張って意識して下さいね!」本村HC(Youth&BGs)

「セービングの練習で相手に取られる事が多かったので、もっと素早く動けるように練習して取られないようにしたいです。
タックルに来た人を当たって振り切れたのは嬉しかったです。」新名あやね(小5)
←「相手との競り合いで、早くボールを確保するためにセービングは行います。
まず大切なのは、迷わず最短距離で体を目一杯伸ばして目飛び込むことです。とはいえ、練習せずにできるプレイではないので、基礎からしっかり練習していきましょう。
ミニゲームでは、力強い当たりが多く見られ、とても良かったと思います。当たる高さや、姿勢、ボールを取られない方法など、自分なりに工夫ながら練習することでもっと強みにできると思います。」伊東コーチ(Youth&BGs)

「今回の練習では、タックルやオーバーがしっかりできていなかったので、一つ一つ意識して取り組んでいきたいです。
バーベキューは練習よりつかれました(笑)子どもの相手をするのはとても大変だと思いました。(自分も子どもだけど…)」田中かやと(中2)
←「タックルもオーバーもインパクトが大切です。
インパクトが弱くては相手をすぐに倒しボールを奪うことも、ラックでボールをキープすることもできません。
それでも試合中にはうまく芯を捉えられない、こともあります。そんな時は相手をつかんで離さず、しっかりと足を掻くことでリカバリできます。
練習でも最後の方はだいぶスピードもインパクトも良くなってたので、うまくできた感覚を忘れずに次に取り組めばもっと良くなると思います。
バーベキューではお兄ちゃん役お疲れ様でした。
いろんな仲間とうまくコミュニケーションをとることもラグビーにはきっと役立つはず!
これからも頑張って下さい。」伊東コーチ(Youth&BGs)

〈保護者のコメント〉
「今日はありがとうございました!親子で楽しませてもらい、いい夏の思い出になりました!」小寺さん

「息子がラグビーを始めて2か月がたちます。少しずつですが、練習に来るたび息子のラグビーへの関心が増しているように感じています。
前回参加の際、休憩の後すぐにグラウンドに出てボールを蹴っていました。もちろん上手にできないのですが、高学年の選手を見て、真似ようとしていたようです。
ラグビーをすることを楽しく感じ、自然にうまくなりたいと思うことができる環境に感謝しています。
この日は練習後にBBQに参加させていただきました。親子共々楽しい時間が過ごせました。ありがとうございます。」八木さん

「恒例のバーベキュー、楽しく参加させていただきました。中学生一人でどうなのかなと思っていましたが、小さい子達に囲まれて違和感なく楽しんでいるようでした。スタッフの皆さま 、ありがとうございました。」田中さん
【7月11日のプログラム】
[2015/07/11 18:52:58]

7月11日のプログラム
今日は、夏らしい暑さの中でのプログラムとなりました。
暑い中でしたが、大きく集中が途切れること無く、最後まで元気にトレーニング出来ました。

どのカテゴリーも新しいスキルに挑戦しました。ゲームで使えるようになるために、考えながら反復していきましょう!

〈メンバーのコメント〉
「お兄ちゃん達にぶつかってトライする練習が楽しかった!
先生に『いいねー!』といわれて嬉しかった。」藤森こうし(年中)
←「ぶつかったりするのに慣れてきたね。走るのも力強くなってきました。
今度も強いこうしに変身して、頑張っていこう!」上田コーチ(Kids)

「倒れながらパスするのが、上手くなってきた。タックルが出来るようになって嬉しい。」上田あしたか(小2)
←「勢い良くタックルダミーにタックルが入れてました!
後は、試合で素晴らしいタックルできるよう頑張って下さい!」深田コーチ(Youth&BGs)

「今日は、すごく暑かったけどみんなで、楽しく練習ができて嬉しかったです。
ボールを体から取りに行く練習が楽しかったです。これからは、もっと上手に体から、ボールを取りに行けるように頑張りたいです。」古川ろこ(小5)
←「今日は暑い中でしたが、しっかり集中して練習ができてましたね。
今日やったセービングは、相手と競り合った際にボールを確実に確保する地味だけどとても重要なラグビー独特の基本プレイです。なので練習でやっておかないと絶対に試合でできないプレイでもあります。
楽しみながらいろんな技術を身に付けて試合でどんどん出せるようにしていこうね。」伊東コーチ(Youth&BGs)

〈保護者のコメント〉
「今週は先週と違い非常に暑い中での練習となりました。
ですが練習前に塩分の補給をしたこと、練習中にも小まめに水分補給をしていただいたこともあり、体調を崩すことなく、楽しく練習することが出来たのではないかと思っております。
本人に感想を聞いたところ、パス練習が楽しかったようです。先週よりも上手くできたと感じており、もう少しパス練習が長ければと言っていました。
今後も一つずつできることを増やしていきたいそうです。」八木さん

〈コーチのコメント〉
「暑い中お疲れ様でした!
熱いと集中力が途切れがちですが、ラグビーはコンタクトプレーが多いスポーツですので、集中してないと、ケガにつながります。熱い時こそ集中力を高めて、練習に取り組んで下さい!そして、休憩する時はしっかりと休憩して水分をいっぱいとりましょう!ケガや熱中症に気をつけて、暑い時期の練習に取り組んでいきましょう!」初田コーチ(Youth&BGs)
【7月4日のプログラム】
[2015/07/04 19:30:02]

7月4日のプログラム
曇り空の下、元気にトレーニングを行いました。

Youth&BGsとJr.は、相手をつけての実戦的な内容となりました。個人スキルからユニットスキルも積極的にチャレンジできました。
コンタクト練習では、Jr.は、コーチを相手にタックル練習をしました。果敢に立ち向かい、鋭く刺さるタックルを見せてくれました。
Youth&BGsは、よりゲームに近い形でのコンタクト練習をしました。コンタクトに慣れてきたこともあり、しっかりとコーチの話を聞いて、力強いプレイを見せてくれました。
しんたろうが久しぶりに参加してくれました!前の通り、元気にプレイしていました。
Kidsは、個人スキルから1on1のコンタクトを主に行いました。相手との駆け引きや、ルール理解が深まりました。タックルバッグを使ってのタックル練習も、慣れてきたこともあり、見ていて危険なタックルが無くなってきました。

〈メンバーのコメント〉
「雨だったけど、友達と協力してやって、嬉しかったし、いろいろ勉強になった。」古川せんのすけ(小2)
←「雨にも負けず元気にトレーニングが出来ました。
タックルした後にタックルバッグの上に乗れてます。それはしっかり体が当てられているということです。その後に、足をかいてどんどん進めたのもとても良かったです。
倒れながら仲間にパスするのも上手に出来ていました。」上田コーチ(Kids)

「タックル練習が楽しかった。
コーチ相手にタックルをしたので、キツかったです。」河合げんき(小3)
←「楽しく練習ができたのは良い事だと思います。
ただ、タックルなどの練習はケガの危険性も高いので集中して練習していきましょう。
げんきのタックルは低く、当たり方も強いので十分、上級生にも通用すると思います。
これからは右からも左からも同じようタックルできるように練習していこうね。」新名コーチ(Jr.)

「セービングの練習は難しかったです。
転がるボールを取りにいかないと相手ボールになるので必死でした。
しっかりボールをキープできるようにこれからも練習していきたいです。」新名あやね(小5)
←「セービングは地面にあるボールをいちはやく味方側に確保するために非常に重要なプレイです。
また、練習していないと絶対にできないプレイでもあります。
しっかりと練習を重ねて反射的に地面にあるボールに飛び込んでいけるように頑張ろうね!」伊東コーチ(Youth&BGs)

「今日はタックルがうまくいった。しっかり胸で足に入れていたと思う。雨でボールがすべっていたけど、試合でも雨の時はあるのでいい経験になった。」田中かやと(中2)
←「かやとのタックルは、上半身は上手く使えるようになってきました。タックルは腕の力も必要ですが、足の力が最も必要です。
かやとの次の課題は、相手よりも先に膝をついてしまうのを修正することです。次のステップである『力のある相手を倒す為』に、次のことを心がけてください。
かやとのタックルの強さを伸ばすために、先ずは多少高くても良いので、タックルポイントから強くインパクトすることを心掛けて下さい。
プログラムの時にまたアドバイスさせてもらいます。」本村HC(Youth&BGs)

〈コーチのコメント〉
「例えば、パス&キャッチで言えば、この練習を集中して行っているときは、上手くできるようになってきているのに、実践的な場面では、スピードに乗って、ハンズアップして、味方の取りやすいところに等、あまり意識できていませんね。
タックル、モール等の個別の練習も行いましたが、これらも全て、実践のための練習です。個別練習で習ったことをしっかり意識し取り組んで下さい。」本村HC(Youth&BGs)

「雨の中お疲れ様でした!
ラグビーは雨でも試合があるので、いい経験になりましね。タックルも強く入れて来ているので、この調子で次回からも、集中して練習に取り組んで行きましょう!」初田コーチ(Youth&BGs)