THE ANTS The Antsとは
クラブチーム The Ants オフィシャルサイト

最近の記事

バックナンバー
【「活動例を紹介します」】
[2014/04/21 23:23:34]

「活動例を紹介します」
あるThe Ants Youthメンバーの活動の例を紹介します。

前キャプテンの田中夏野登(中1)が進学した大津市内の中学校にはラグビー部がありません。そんな環境下でも彼はラグビーを続けたいと考えました。
そこで彼が考えついたラグビーを続ける方法は、次のようなものです。

●The Ants Youthとして月に2から3回の土曜日に練習する機会を確保する。
●滋賀Jr.で日曜日に練習する機会を確保する。
●5月から始まる「立命館大学クリニック」で月曜日に練習する機会を確保する。

学校にラグビー部がある場合は、ほぼ毎日練習することが出来ます。しかし、ラグビー部が無くとも、上のような工夫をすることで週の半分はラグビーの練習が出来るのです。

現在のところゲームの出場機会が少ないかもしれない、というデメリットはありますが。現在のところ、というだけで今後改善されることも十分に考えられます。また同じようなメンバーが増えてまとまれば、早期に実現可能な課題でしょう。

良い面もあります。色々な考え方やラグビーに触れられることや、違う学校の友人・チームメイトが出来ることや、自立したプレイヤーになれることなどです。
自分の通う学校にラグビー部が無いとラグビーをプレイすることを諦めるのではなく、自分の工夫次第、考え方次第でラグビーをプレイする環境を作れるのだということに考え及んだ発想力や、実際にやってみることによって身につく精神的な逞しさは、数値には表れませんが、きっと彼を素晴らしいラグビープレイヤー・人間に成長することを手助けしてくれると思います。

「ぼくは、中学校にラグビー部がないから、もっと練習するためにアンツ以外に滋賀ジュニアに入ろうと思いました。
『どこでやっってるんだろう?』と思っている時に、上田コーチに立命館大学での練習をすすめてもらい、やることにしました。
その練習には、滋賀ジュニアの副キャプテンがいました。そこで、場所や時間を聞いて滋賀ジュニアの練習に行きました。そして今はアンツ、立命館大学、滋賀ジュニアに行っています。ラグビーを続けたいので、遠くて大変だけど、がんばります。
この話を通して、みんなにも『いろんな所でラグビーが出来る』ということを知ってほしいと思います。」
田中夏野登(中1)

「6年生の時に『中学行ったら部活何にする?』と聞いたら『ラグビー部があったら迷わず入るけど、ないからわからん。』と答えました。どうにかならないかなと考え、上田コーチや他チームのコーチにもご協力いただき、続くかどうかはわからないけれどがんばってみようと出した結論です。
中学校の部活のサッカー部も含めると4つのチームに在籍します。つまづいたり悩んだりすると思いますが、アンツのみなさんや、ラグビーを支えに乗り越えていってほしいと思います。
10年後、アンツのコーチをさせてもらい、母はそんな息子を見に行く。という楽しい夢もあります(笑)
これからもよろしくお願いいたします。」
田中さん(保護者)


The Antsは、元々は「スクールと高校を繋ぐ」為に設立しました。
設立から10年目に入りますが、彼のように広い視野で前向きに考えて行動に移せるメンバーが出てきてくれたことは、The Antsにとって大変喜ばしいことです。

もちろん、滋賀Jr.や立命館大学クリニックのように、中学生年代の受け皿になる環境を作り、理解を持っておられることも、彼の活動を後押しすることとなっていることを忘れてはいけません。

彼の挑戦は始まったばかりです。The Antsとしてもサポートをしていきたいと思います。彼のようにプレイすることが、これからのモデルケースの一つになってくれることを期待します。

【4月19日「第1回コーチ・ミーティング」】
[2014/04/19 21:53:40]

4月19日「第1回コーチ・ミーティング」
今年度で設立から10年目となるThe Antsは、上田GMと本村HCを中心とした新体制で動き出しました。
新たな取り組みの一つとして、コーチ・ミーティングを行いました。

10名を超えるコーチ陣が集まり、The Antsの方向性や現在の課題などを話し合いました。
和気藹々とした雰囲気の中、様々な意見が出されました。コーチ全員が真剣に子供たちの成長を考え、試行錯誤していることがThe Antsの良さであると再認識することが出来ました。

・指導の中で「考えること」や「問いかけること」を大切にする。
・結果だけでなく成長の過程を観察し評価する。
・成長には個人差があり、時間がかかることを認識した指導をする。

などの方針を改めて共有することが出来ました。The Antsの持つ自由度を大切にしながらも、敬意や規律の部分もレベルアップしていくことも確認できました。

今回のミーティングは約2時間半でしたが、非常に実りの多いものとなりました。これからの活動に反映させたいと思います。
今後も定期的に続けていきます。
【4月19日のプログラム】
[2014/04/19 15:59:28]

4月19日のプログラム
今日は、ミニハードル、ラダー、ポール等を使ったアジリティトレーニングをしました。
ポールを使ったリレーでは、前回よりも盛り上がり、皆楽しそうでした。
また、仲間を応援する声や、反則しているものを指摘する声が聞こえ、必死さがうかがえました(^_^)

「始めの体操が大好きです。全部めっちゃ楽しかった。」
古川せんのすけ(小1)

「コーチにほめてもらって嬉しかった!」
深田いさ(小2)

「最後のミニゲームで3:3をしたのが楽しかった。」
古川ろこ(Boysキャプテン・小4)

「タックル楽しい。天気も良くて気持ちが良い練習だった。 」
城本ゆうひ(小6)


「4年生だということで、未熟ながら今年の34年生チームのキャプテンをとおっしゃって下さって、『始めに声を出す自分が大きい声を出さないと』とか、今までより明確な意識を持って臨んでいると思います。
中心になってどこまでお役に立てるかわかりませんが、ロコが成長させてもらえる貴重な機会をお与え頂きありがとうございます!
今後につながる一年とさせてやれるよう、声をかけながら見守っていきたいです。ご指導宜しくお願い致します。 」
古川さん(保護者)

今回の様子をpicasaアルバムにもアップしています。良い写真が多いので、ご活用下さい。

今年度より会員バッジを発行しております。まだ受け取っておられない方は、参加時にスタッフにお声かけ下さい。

5/25(日)の琵琶湖CUPの特別練習を行います。The Antsプログラムの前後に行います。
Youthメンバーとスタッフは、参加をお願いします。
5/10(土)11:00〜12:00
5/24(土)13:00〜14:00
【4月12日のプログラム】
[2014/04/12 13:29:06]

4月12日のプログラム
本日のプログラムは快晴の心地好い気候で、元気にトレーニングが出来ました。

新たに整理した各カテゴリーでのトレーニングを行いました。
各カテゴリーのコーチが、今まで以上に安全に配慮した中で指導が出来たので、子供達の元気一杯なプレイを引き出すことが出来たように思います。

最初のアジリティ・トレーニングには、BREEZEのメンバーも参加してくれました。リレー形式で三チームに分かれて対戦しました。大きな声で「トライ!」と叫んだり、仲間を応援する声もかけられるようになりました。

久しぶりに岡田コーチが息子さんと一緒に来てくれました。将来The Antsで活躍してくれそうな凛々しい顔でした。

「黄色のポールの間を走るのが楽しかった。ゴロのキックを練習したのが楽しかった。」
上田あしたか(小1)

「はじめに面白い遊びをしたり、タッチフットもしたり、全部楽しかった。」
古川せんのすけ(小1)

「最後のタッチフットのルールがいっぱいあってトライしようと思ってもすぐに相手ボールになって、なかなかトライできない。
難しいなぁ…(^。^;)でもトレーニング楽しかった〜!」
藤井のぞむ(小3)

「1対1でハンドオフするのが難しかった。次は上手に出来るように頑張りたい。タッチフットで勝てて嬉しかった。」
上田りこ(小4)

「昨日3年生対4年生で試合をして、莉子と2人で勝てて嬉しかった。キャプテンにと言ってもらって、1年間頑張っていきたい。」
古川ろこ(小4)

「今日の反省するところは、モールゲームの中でタックルするところと、ボールを持って攻めるところです。なぜなら、タックルする時にしっかり当たれてないのと、ボールを持って攻める時に、前に行かずに後ろに行ったり横に行ったりしてしまうからです。次の練習ではそれを意識してやりたいです。」
竹島かずき(キャプテン・小6)

「新カテゴリーでの練習で、お互いにいい刺激を受けたプレイが出来ているように思いました。
皆、とても集中して練習していましたね!!
来週も元気に楽しく出席してください。」
岡田コーチ


会員証代わりのThe Antsの会員バッジを配布しています。
まだ受け取っていないメンバーは、次回以降にお渡しします。

今回の様子をpicasaアルバムにもアップしています。良い写真が多いので、ご活用下さい。

5/25(日)の琵琶湖CUPの特別練習を行います。The Antsプログラムの前後に行います。
Youthメンバーとスタッフは、参加をお願いします。
4/19(土)11:00〜12:00
5/10(土)11:00〜12:00
5/24(土)13:00〜14:00

【4月5日のプログラム】
[2014/04/05 19:52:25]

4月5日のプログラム
2014年度初のプログラムでした。今年度でThe Antsは10年目に入ります。さらに活発に活動していきたいと思います。

今年度から、カテゴリーとコーチの体制を改善しました。ラグビーを安全に楽しむ為の改善です。
また会員証代わりにThe Antsの会員バッジを配布しました。今回来られていないメンバーや新入メンバーには、その都度配布していきます。

新たにプログラム体験にも来てくれました。ありがとうございました。

今回初導入のアジリティ・ポールは、評判が良く、みんな楽しんでトレーニングをしていました。
進級する学年での初めてのプログラムでしたが、コーチ陣の心配も杞憂に終わり、しっかりと新しいカテゴリーに適応していました。
新キャプテンとなった竹島かずき(小6)も自覚が出てきたようで、周囲に気を配る場面が見られました。


「みんなでやったリレーが楽しかった。ゴロのキックが上手くなって良かった。
最後にお父さんと一緒にゲームが出来て、勝って嬉しかった。」
上田あしたか(小1)

「受身の練習で始めは頭を打ってたけど、次は体を丸めて頭を打たないようにする。
会員バッジがもらえて嬉しかった。」
上田りこ(小4)

「今日は、手をけがしてから、始めてプログラムをやれだけど、まだ治ってないので、完全に力が、だしきれ無かったので、次からの練習や、試合は、力を出し切るよう頑張ります。」
松田さく(小5)

「今日はタックルされて、ボールを持ったままの倒れ方を習った。出来るようになりたい。 」
山村ゆうた(小5)

「練習最後のタッチフットでは、味方を動かしてプレーできるようになってきてうれしいです。
それから、いままでの反省でタックルの時に足が止まっているので、今日は意識して練習したけど、なかなか上手くできませんでした。次からも意識してちょっとずつレベルアップしていきたいです。」
本村たくと(小5)

「最初にチームに別れて、ポールなど使ってしたリレーが面白かったです。最後のタッチフットも楽しかったです。」
寺田しんたろう(小5)

「今受け身の練習をしました。初めは苦戦していたけどやっているうちにコツが分かって出来るようになりました。楽しいラグビーだけでなく安全にラグビーをするのも覚えていかないといけないなと思いました。」
竹島かずき(キャプテン・小6)

今回の様子をpicasaアルバムにもアップしています。良い写真が多いので、ご活用下さい。