THE ANTS The Antsとは
クラブチーム The Ants オフィシャルサイト

最近の記事

バックナンバー
【3月10日のプログラム】
[2018/03/10 22:30:37]

3月10日のプログラム
今回はThe Antsのスローガン『REAL』の一つAchieve企画とLink Up企画です。
Achive企画は、コーチの研修として小野澤宏時さん(元日本代表)のJr.への指導を勉強させてもらいました。
Link Up企画は、いつも合同チームでお世話になっている米原RS、近江八幡市RS、東近江RSとの合同練習でした。練習ゲームから始まり、小野澤さんの指導まで一緒に過ごしました。

KidsやBoysとYouthもそれぞれのカテゴリーで合同練習をし、交流しました。


小野澤さんは、現在も大学院で研究をされており、子供への指導に力を入れておられます。ラグビーマガジンにもその指導が掲載されており、実際に指導を受けてみたいとの思いでお願いをし、実現しました。

伊東コーチのレポートです。
「まず最初に、1チーム4人×4チームでのボールゲームを行いました。ルールは至ってシンプルなもので、それだけに子どもたちの飲み込みも早く、すぐに夢中になって楽しんでいました。いつも以上に元気な声が絶えず飛び交ってたのが印象的でした。

また、各ゲームの最初に作戦タイムを設けることで、子どもたちは自発的に『どう攻めるか』『どう守るか』を話し合っていました。
最初は作戦会議であまり話しをしないチームもありましたが、回数を重ねるうちに、作戦タイムの重要性に気づき、積極的に話をするようになっただけでなく、比較的自由度の高いボールゲームの特性に気づき自分たちなりにルールを理解し、オリジナリティある作戦を実行するチームも出てきました。

2ゲームが終了したら全体でミーティングを行いますが、そこでは小野澤さんから何かアドバイスをするのではなく、うまくいったチームからはうまくいった理由を、うまくいかなかったチームからは次はどうしたいかを、子どもたちに発表してもらうことで、子どもたち自身に考えさせ、自由な発想で答えを導き出す支援をして頂きました。

ボールゲームの次には少しレベルを上げて、
前に行ったボールゲームのルールを適用してタッチフットを行いました。
ボールゲームの終盤では周りのスペースがしっかりと見えていた子どもたちでしたが、闇雲にパスをしたり、ターンオーバーになるまで単独で突っ込んだりと、
ボールゲームよりルールが少し複雑になることで、なかなかうまくいかなかった子どもたちもいたようでした。
タッチフットは子どもたちの疲労度合いもあり、1ゲームのみで終了しましたが、
ボールゲームと同様、作戦タイムと全体ミーティングを繰り返すことで、ゲームの理解度は高まるものと思います。

本日は全体のプログラムを通じて、『楽しくプレイさせる』ことと、子どもたち自身に考えさせるために、作戦タイムのような『考える時間』を設けることで、ゲーム中にコミュニケーションをとりながら子どもたち自身で判断する習慣を作ってあげることが重要だと感じました。
また、同じチームの仲間に『きつい言い方をされたのでパスしたくなかった』という子どもの言葉を受けて、一方的なコミュニケーションではなく、相手の気持ちになってコミュニケーションを図る重要性を説いて頂き、コミュニケーションの土台としての相互理解、相互支援の大切さに改めて気づかされました。
我々コーチとして子どもたちにラグビーを指導する中で、答えを押し付けるのではなくなく、楽しくプレイさせる中で子どもたちの可能性を引き出し、自分たちで助け合いながら判断できるように支援してあげることが大切であると強く思いました。
小野澤さん、本日は誠にありがとうございました。」


〈メンバーのコメント〉
「手をつないでおしりタッチがめっちゃ楽しかったです。ボールを持っている相手をどうすればつかまえることができるんですか?」雨森りょうすけ(小1)
→「みんなとする練習は楽しいよね。ボールを持っている相手をつかまえるには、まずは相手の動きをしっかり『見る』事が大切です。りょうすけには誰にも負けないスピードがあるから、落ち着いて相手を見て相手に向かっていこう。」新名コーチ

「おのざわさんがとても大きくてびっくりした。サインももらえてうれしかったです。
ゲームのれん習でみんなでトライたくさん取れて楽しかったです。」竹口なおき(小2)
→「日本代表、トップリーグで活躍した人は、大きいですね。なおきもいっぱい食べて大きくなってね。
このメンバーでの練習ももう少しなので、楽しんでね。」岩田コーチ

「きのうはさいごにれんしゅうじあいをして、たっくるをひとりいっかいできて、ボールをなんかいか持ててうれしかったです。
3年生になったらもっと強くなって、ハンドオフもできるようになって頑張りたいです。」古川ちこ(小2)
→「ボールを持って前へ進む姿は力強かったですよ。ちこの気持ちの強さはラグビーにはとても大切です。三年生になってもその気持ちを忘れずにアンツのみんなとがんばろう。きっと強くなるはずですよ。」新名コーチ

「練習でトライを取れたのはうれしかったけど、タックルがうまくできなくて悔しかった。次はタックルを頑張りたい」佐竹れん(小2)
→「タックルは相手との間合いがつかんで、相手をしっかり見て怖がらずに肩を当てる事が大事です。
タックルは練習を重ねていったらうまく出来るようになりますよ。」岩田コーチ

「昨日の練習で、小野澤さんに教えてもらいすごく楽しかったです。遠い所から、僕たちに普段練習してる時、学ばないいろんなことを聞いて、ミニゲームで、自分で意識して楽しくできました。まだまだこれからも自分の知らないラグビーを、アンツで学んでいきたいです。」古川せんのすけ(小4)
→「小野澤さんにいろんなことに気づかせてもらいましたね。
ラグビーには正解がたくさんあります。
コーチはみんなにコーチなりの答えを教えることはできても、その答えがみんなにとってベストとは限りません。楽しむ中で自分たちなりに考えたり、工夫したりする中にもたくさんの答えがあります。
小野澤さんは昨日、みんなにたくさん質問してくれたよね?これからも楽しくたくさん話しながらラグビーをエンジョイしようね!」伊東コーチ

「いつもの練習とはちょっと違って、楽しかったし勉強になった。またこういう機会があったら嬉しい。
小野澤さんに『良いリーダーになれよ!』って言われた。」上田あしたか(小4)
→「今回の練習は数少ないメニューでしたが、みんな楽しみながら一所懸命に取り組みましたね。
コーチもいろんな気づきがありましたよ!
やらされてる練習ではラグビーはなかなか上達しません。今回のように楽しみながら、みんなで話したり作戦を考えてたりする中でたくさんのスキルが身につくはずです。
小野澤さんから言っていただいた言葉、良かったね!
リーダーとは一般的に、周囲に良い影響を与えて引っ張る人のことを言います。
あしたかなりのリーダーシップが発揮できるように、これからも楽しみながら頑張っていこうね!」伊東コーチ

〈保護者のコメント〉
「プログラム体験が相当楽しかったようで、素敵なコーチや子供達とまた会いたいと平日から練習日までの寝る回数を数えて心待ちにしていたようです。
日頃は人見知りなところもありますが、前のめりに練習を楽しんでおり、ラグビー自体もそうですが同年代の子達としっかりコミュニケーションを取ることを学んでいってほしいと思います。」清水さん

今回、お忙しい中を小野澤さんに来ていただきました。ありがとうございました。
指導の合間や、終わってからも丁寧に対応してくださり、子供たちはとても充実した時間を過ごすことができました。子供のやる気や動きが目の前で変わっていくのを感じられたのは驚きでした。
子供たちの心に火をつけるような指導を間近で見られて、コーチにとって大いに参考になりました。是非、次の機会もお願いします。

近江八幡市RS、東近江RS、米原RSの皆さん、草津RSのコーチの方々、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

The Antsの活動の様子は、Facebook、 Twitter、Instagramでも発信しています。是非、チェックしてくださいね。

Googleフォトに今回の写真をアップしております。どうぞご覧ください。取り扱いは、皆さんの良識にお任せしております。よろしくお願いします。
もしお手持ちの写真がありましたら、アルバムへ追加することも可能です。こちらもよろしくお願いします。
【3月4日「スクール交流大会」】
[2018/03/04 16:06:53]

3月4日「スクール交流大会」
希望が丘文化公園球技場にて、「スクール交流大会」が行われました。天候にも恵まれ、素晴らしい大会となりました。

The Antsは、高学年は東近江RSと近江八幡RSとの合同チームを、中学年と低学年は米原RSとの合同チームを編成して、大会に臨みました。

それぞれのチームで力を合わせて、今まで練習してきたことをゲームで出していこうと頑張りました。
高学年は、河合げんき(キャプテン・小5)だけですが、合同チームをプレイや声かけで引っ張りました。プレイも成長しましたが、精神的な面で大きく成長したと思います。
中学年、それぞれの能力を十分に発揮し、伸び伸びとプレイしました。まだまだ伸びしろがあるので、今回出た課題を一つずつクリアしていきましょう。
低学年は、2チーム編成で、みんな元気一杯でした。うまくいったことやそうでないことを経験出来たことが大きな収穫です。デビュー戦のれんも初めてとは思えないプレイを見せてくれました。

勝敗もさることながら、今回のゲームで練習してきたことを出せたことや、チームメイトと協力してプレイできたことに成長を感じました。少しずつではありますが、コツコツと積み上げてきたことがグラウンドで出せるようになったことは、彼らにとってもクラブにとっても自信となりました。

今大会にThe Ants OGの二人がサポートに来てくれました。こういうつながりもできてきたことを嬉しく思います。彼女たちは、現在BREEZEでプレイしています。

今回の大会で合同チームとして一緒にプレイしてくださった東近江RSの皆さん、近江八幡市RSの皆さん、米原RSの皆さん、対戦してくださったチームの皆さん、レフリーの皆さんに感謝します。ありがとうございました。
今回の大会を企画運営してくださった岩下スクール委員長をはじめとする野洲RSの関係の皆さんに感謝します。本当にありがとうございました。

〈メンバーのコメント〉
「昨日はトライが初めてできて嬉しかった。みんなと試合に出られて、みんな優しくて嬉しかったです。」古川てこ(年長)
→「試合も出て、トライも出来て良かったですね。
ボールを持ったら走る。ボールを持った相手が来たらタックル。練習したことをこれからも頑張って下さいね。」岩田コーチ

「いつも通りできてうれしかった。自分の練習のせいかが出しきれてよかった。2年生になってもがんばりたい。」村井こうた(小1)
→「大きな相手にも怖がらず、倒せなくても必死に食らいついているこうたの姿はチームに勢いを生み出す素晴らしいプレーでしたよ。
2年生になるとKidsを引っ張って行く立場になります。今日の試合で感じた事、思った事を忘れずに次からのプログラムに生かしていこう。」新名コーチ

「皆んなで頑張った!初めてトライ出来てめちゃくちゃ嬉しかったです。MVPももらえて最高です!」藤森こうし(小1)
→「MVP&初トライおめでとう。タックルも決まっていましたよ。でもそれ以上に昨日のこうしの声は素晴らしかったです。試合中のチームメイトへの声、仲間への応援の声。誰よりも大きな声でKidsのみんなにも届いていたはずです。声を出す事はラグビーではとても大切です。2年生になってもKidsを盛り上げていってくださいね。」新名コーチ

「トライが1回だけだけど出来て嬉しかった。一回戦のチームの、足が速いのとパスとタックルが強かった。キャプテンは恥ずかしい。」小寺いちし(小2)
→「トライとタックルも、キャプテンとして頑張ってくれましたね。
チームのみんなもキャプテンと一緒に頑張ってくれました。キャプテンお疲れ様でした。」岩田コーチ

「今日はたくさんゲームができて、トライとれて楽しかったです。こんどMVPもらえるようにがんばります。」竹口なおき(小2)
→「持ち前のスピードでトライが取れましたね。前へ前へと突き進むプレーはなおきの大きな武器です。
新学年になってもKidsで練習してきた前へ進む気持ちを忘れずに頑張っていこう。」新名コーチ

「初めての試合で緊張したけど、トライもできたし、タックルもいつもの練習以上に上手くできて楽しかった。今度はハンドオフをしてみたい」佐竹れん(小2)
→「初めての試合でも、トライたくさんしましたね。
ボールを持って一気にトライまで行ったのをみて、とてもかっこ良かったです。
出来ないことも、練習したらいっぱいいろんな事が出来るようになりますよ。これからも頑張って下さいね。」岩田コーチ

「昨日は最後にアンツ同士で試合をした。一緒のチームの人達は、ひとり一回はタックルをできたので、うれしいです。
あと一回だけトライができて、うれしかったです。」古川ちこ(小2)
→「思いきってプレイができていましたね。
トライは一回だけだったかもしれないけど、あと少しでトライというのもいくつもありましたね。トレーニングを真面目に頑張っている姿を見ていたので、チコが活躍してくれてとても嬉しいです!」本村HC

「キックのミスもあったけど、みんなで声をかけて試合ができてよかったです。」松村ほだか(小4)
→「今日は試合時間も長い中、みんな本当によくフォローに走りましたね。
ほだかには今日は新しいポジションに挑戦してもらいました。
確かにキックオフでミスする場面もありましたが、それ以上に積極的なフォローが光っていました!
まだまだ声は小さいけど、子ども達だけで声を掛け合って試合できたことは必ず次の成長につながるはずです。
今年度も来週がラストゲームになります。
練習の成果を一つでも多く出せるよう頑張っていこうね!」伊東コーチ

「昨日の試合で、スタンドの役めを果たすことが出来なかった。次は、周りを見てパスをつなぐ、を意識してやりたいです。       
そして、キャプテンとしてみんなをひっぱることができなくて、みんなが、がんばってくれたから、次みんなに、心配のない、プレーを、スタンドとして、つくっていきたいです。」古川せんのすけ(小4)
→「試合は活躍して走って止めて、プレーは良かったですよ。でも、せんのすけならすでにできて当たり前のレベルには来ているので(厳しい言い方をすれば)普通の出来かな。
狙ったことが出来なかったのは、チームとしてでのこともあるし、引き続きチャレンジして行こう!」関川コーチ

〈保護者のコメント〉
「最初は緊張からか、うまく出来ない場面も有りましたが、チームメイトが声を掛けてくれたことで、頑張って楽しくプレイ出来ていたと思います。
9月の最初の試合の時から、少しずつですが強くなったな、成長しているな、と感じられて嬉しく思います。ありがとうございました。」村井さん

「一つのボールをみんなが集中して、つないでいく姿に自然と声が出てしまいました。これからも自分の技術だけでなく、チームのみんなと悔しい思い、嬉しい思いを共感していってもらいたいです。」松村さん

「本日はありがとうございました。初めて試合に出させていただいてから一年経ちましたが、本日は思っていた以上に積極的に試合でプレーをしていて、楽しんでいる姿が見れて嬉しく思います。これからもよろしくお願いいたします。」竹口さん

「初めての試合でどうなるかと思いましたが、予想以上に頑張ってくれました。積極的にボールをもらって走る姿がとても頼もしく感じました。これからもチームメイトと切磋琢磨して成長してほしいです」佐竹さん

「MVPに選ばれた事よりも選ばれた時にチームメイトから祝福されている姿を見てとても感動しました。ありがとうごさいました。」藤森さん



〈コーチのコメント〉
Kids「今日は米原RSの3選手と共に2チームの合同チームを結成し試合を行いました。両チーム共、初戦は緊張からかゲームの入りは戸惑っているシーンも見受けられましたが次第に選手各々が声を出し連携をとろうとする姿が印象的でした。
選手全員が『前へ進もう』という気持ちを忘れずにプレーしていた事は年度当初からの成長を感じるシーンでもありました。
2年生は4月より上のカテゴリーへ進みます。初めは練習・試合・体力等全てにおいて戸惑う事が沢山あると思いますが、Kidsで見せた元気いっぱいな2年生達の更なる活躍を期待したいです。
最後に合同チームを組んでいただいた米原RS皆様、一年間ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。」新名コーチ

Jr.「今回の試合に向けて、選手間でのゲーム中のコミュニケーションと、積極的なフォロー、ラックでのボールの確保に重点を置いて指導してきました。
最初の試合こそ、従来と同じく個人での突破が目立ち、繋がりのあるプレイがあまり見られませんでしたが、最後の試合では、まだ声は小さいながらも試合中に選手同士が積極的に会話する場面が増え、大きな成長を感じさせてくれました。ディフェンスの際にも『もっと広がろう!』といった声が聞こえたり、オフサイドラインを意識しながら声を掛け合ったり、今までになかった進歩が見られました。
また、フォローの面でも突破した選手の周囲に常に2〜3名がフォローについており、特に後半はセットプレー以外でも繋がりのあるプレイがよく見られました。
ラックでのボールの確保も、試合を重ねるにつれてしっかりとできるようになり、最後の試合では良いプレイがいくつか見られました。
一方で、タックルについては何度もハイタックルの反則を取られるなど総じて姿勢が高いプレイが目立ち、今後の練習内容の改善の必要性を感じました。基本的な形や高さを覚えるためにコンタクトバックだけでなくタックルバックを使用した練習も少しい多めに取り入れるべきかもしれません。
ただ、今日1日を捉えると、多くの選手が暑い気温の中、12分ハーフの試合を最後まで足を止めることなく走りきったことは、ただただ褒めてあげたいと思います。」伊東コーチ

今回のMVPです。練習の成果を出そうと頑張り続けた者を各カテゴリーから選出しています。
Kids 藤森こうし(小1)
Jr. 伊東えいごう(小4)
Boys 該当者無し



Googleフォトに今回の写真をアップしております。どうぞご覧ください。取り扱いは、皆さんの良識にお任せしております。よろしくお願いします。
もしお手持ちの写真がありましたら、アルバムへ追加することも可能です。こちらもよろしくお願いします。
【3月3日のプログラム】
[2018/03/03 21:13:24]

3月3日のプログラム
少し肌寒い日でしたが、翌日にゲームを控えていたので、みんな集中してトレーニングすることが出来ました。
明日は、これまでの練習の成果を出しましょう!

プログラム体験に来てくれました!4月から年長さんです。初めてで緊張もあったと思いますが、すぐに打ち解けて楽しんでる様子でした。
プログラム体験に参加してくれて、ありがとうございました!また来週以降も来てくださいね。

〈メンバーのコメント〉
「明日は、今日最初にやったクロスの練習など、キックなどを使いたいです。」松村ほだか(小4)
→「明日はいつもの練習の成果を出す機会です。思い切ってやってみよう。力強い走りを見せてください。」関川コーチ

Googleフォトに今回の写真をアップしております。どうぞご覧ください。取り扱いは、皆さんの良識にお任せしております。よろしくお願いします。
もしお手持ちの写真がありましたら、アルバムへ追加することも可能です。こちらもよろしくお願いします。